忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/11/22

社長: 人に教える

今日は学校で授業のお手伝い(TA)をしてきました。一回生の演習のお手伝いで、エンジン分解をやってきたわけですが、もうぜーんぜん覚えてない。それを見越して、先生方によるTAに対する予行演習が一週間前にあったにもかかわらず。一週間前の時点ではエンジンの四工程とか、ガバナーとか、シリンダヘッドとか、もう何が何やらって感じでした(何それっていう人は読み流してください)。

「あぁ、この一回生らも多分忘れるだろうな~。」
「いや、それよりもう少し真面目に授業受けとけよ!、俺!」

とか思いながら、ごまかしごまかしなんとかやってきました。

で、今回やって思ったのは、やっぱり人に教えるっていうこと自体が自分のためになるってことです。以前、塾講師やってた時にも思ってたんですが、やっぱり自分が学んだことは誰かにアウトプットするべきかと思います。理由はいくつかありますが、

1. 人に教える責任感
人に教えるっていうのは、相手の理解を促すという意味で責任を伴います。うまくやれれば先生からの評価も上がるし!自分にとって直接的に役に立たないことってのは身が入らないじゃないですか。そういう時は外部に責任を作ってしまうと集中力が上がるのかなと思いました。
2. 知識の確認
自分の中でわかってるつもりのことって、実はわかってないことが多いです。何となくわかった気になってたけど実際言葉にしてみるとうまく言葉にできなかったり。「一言でいえば何なのか言える」とか「なにか他の物にたとえられる」って言うのは一つの基準かなっと思ってます。本質をとらえられてるかっていう意味で。

そんで、もう一つ思ったのは教育の大事さ。
今日の一回生の反応とか見てても
「エンジン作った人すげー、天才!」
みたいな反応がありました。俺もそう思う。たとえば、エンジンを一から(概念そのものから)作り上げることは多分一生かかっても俺にはできません。ところが、そこにあるエンジンの説明はなんとかできるしうまくすればどっか改良できるかも!?
人が十年かかって習得したことを、自分だけで習得しようと思えばやっぱり十年かかってしまいます。そこを、質を落とさずに三年で教えるのが教育かなって思いました。なので、後輩には出し惜しみせずに何でも教えてあげてください。

という、今日思ったことのアウトプットでした(うまく伝わってると嬉しいです)。

拍手[0回]

PR

2010/10/27 SNEEZERメンバー:社長 Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 
 
リンク
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
フリーエリア
 
 
 
最新コメント
 
[02/02 なっつ]
[01/19 さおりん]
[01/18 みやもん]
[01/18 さおりん]
[01/04 ゆうき]
 
 
最新記事
 
(03/01)
(03/01)
(02/16)
(02/16)
(02/11)
 
 
最新トラックバック
 
 
 
プロフィール
 
HN:
SNEEZER
性別:
非公開
自己紹介:
私たち『SNEEZER』は、
『Student Innovation(学生変革)』
というキャッチフレーズを基に
学生から社会を変えていこう!
という思いで活動しています。
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(06/08)
(06/25)
(06/28)
(06/28)
(07/15)
 
 
P R
 
 
 
カウンター
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
忍者アド